お風呂でクレンジングや洗顔をする際に気をつけたいポイント

お風呂でクレンジングや洗顔をする際に気をつけたいポイント

お風呂の中でクレンジングや洗顔をしている…という人は多いはず。

 

 

 

確かにお風呂の中では蒸気で毛穴が開きやすいですから、そのタイミングで顔を洗えば毛穴の中まで汚れが綺麗に落ちて美肌になれそうな感じがしますよね。
でも、お風呂でクレンジングや洗顔をする際にちょっと気をつけたいポイントというのは実はいくつかあるんです。

 

その中の一つは、お風呂のシャワーと同じ熱いお湯(40度前後、もしくはそれ以上)で顔を洗ってしまうということ。

 

 

冷たい水だとせっかくお風呂の中で開いた毛穴が閉じてしまってせっかくの汚れが落ちない!と思ってしまうのかもしれませんが、実は熱いお湯で洗顔するというのは美肌のためには絶対に避けたいことです。
というのは、熱いお湯で顔を洗うとお肌の保湿成分やお肌に必要な皮脂までが流されてしまいます。その結果、カサカサの乾燥肌になってしまうというわけです。

 

 

また、シャワーを浴びながらそのまま顔を洗う…という人もいるかもしれませんが、これも良くありません。

 

 

シャワーの水圧というのは意外にお肌に刺激が強いものです。シャワーの蛇口は顔に当たらない高さに調節するようにしましょう。
以上のことから、お風呂で顔を洗う際には、「洗面器にぬるま湯をためて、それで洗うのがベスト」だと言えますね!

 

また、お風呂に入っているときにクレンジングと洗顔するタイミングというのもちょっと気になりますよね。

 

最初に洗ってしまったほうがいいのか、それともシャンプーを済ませ、体も洗ってから最後に洗顔がいいのか…。
結論から言うと、まずお風呂に入ったら最初にクレンジングをしてしまいましょう。
そして、髪と体を洗って、しばらく湯船につかったら最後に洗顔をするのです。

 

 

最初に洗顔までしてしまうと、その後にシャンプーなどが顔についてしまった場合の刺激が気になります。
クレンジングでメイクの汚れを最初に落としておき、お風呂につかってゆっくりと毛穴を開かせた後に洗顔、という流れだと毛穴の汚れもしっかり落ちて、美肌に近づきますよ!