潤いを保つ!ずっとプルプルな肌でいるための方法

潤いを保つ!ずっとプルプルな肌でいるための方法

潤いを保つ!ずっとプルプルな肌でいるための方法をご存知ですか?

 

寒くなってくると、肌が乾燥していつのまにか肌トラブルに悩んでいたりします。

 

そもそも乾燥肌になってしまう原因は何かというと、まずはその人が元々乾燥肌体質だということが前提にあります。オイリー肌と乾燥肌のように人それぞれ体質が違うように、肌質違うのです。特に乾燥肌の方は部屋や外気が乾燥しているとあっという間にカサカサ肌になってしまいます。

 

そして肌ケアを怠り年がら年中スッピンのままという方も乾燥肌になりがちです。やはり年齢を重ねるごとに肌年齢も上がるため、乾燥に対する免疫力や潤いは年々減少してしまうのです。では乾燥肌にならないためにはどうしたらいいか、それはまず保湿です。保湿といっても乾燥が酷い冬場においては化粧水と乳液だけではあまり交換がありません。

 

潤いを肌に閉じ込め浸透させるためには、ハチミツを使います。美容成分や潤い成分など沢山の効能があるハチミツは食べるだけでなく、肌に塗るのも効果が期待できるのです。わざわざ高い化粧水や乳液を購入する必要はなく、いつも使っている化粧水にハチミツを少し混ぜてよく馴染ませてから肌に塗っていきます。

 

すると化粧水の成分はそのままでさらにハチミツの美容成分とともに真空パック状態になるため、乾燥から肌を守り潤い肌を取り戻すことができるのです。しかし、ハチミツの効果を期待しすぎてハチミツを多めに混ぜてしまうと、ベタつきがひどくなり化粧のノリが悪くなるので、ハチミツ化粧水を試す時はお風呂上がりや寝る前がオススメです。

 

では昼間の乾燥対策としてオススメの方法をご紹介します。これと化粧水にあるものを混ぜるのですが、それはニベアの青缶です。普通はニベアのみをスキンケアとして使いますが化粧前にやるとベタつきが少しでるので、朝化粧をする前に乾燥肌対策として化粧水にニベアを少しだけ混ぜて肌に馴染ませると化粧のノリもよく、日中潤いを保ち続けることができます。乾燥肌には昼間はニベアの青缶、夜はハチミツをいつもの化粧水に混ぜることをオススメします。